最近の社員研修のあり方について、過保護すぎない!?

最近の新入社員はゆとり世代!?

最近は、新入社員が入っても礼儀を知らなかったり、基本的なマナーがわかっていない方が増えてきたように思います。昔のイメージからすると社員研修もずいぶん体育会系で、ざっくりしたもののように感じます。ところが最近の社員研修はどうでしょう?ずいぶん丁寧に時間と期間を設けて行ってる企業を目にすることが増えてきました。それには、理由がありました。最近の若者、いわゆるゆとり世代の人たちは、体育会系のような環境で過ごしたことがないので、すぐにあきらめてしまう傾向が強いということでしょう。

社員研修での過保護なやりかた

ゆとり世代で育った環境の方達って、意外と逆境に弱く、すぐに投げ出してしまうイメージが強いです。礼儀やビジネスマナーにしても、理解していない方が多く、その分研修時間に時間を割いていることが考えられます。企業にとっては貴重な人材、でもしっかりと礼儀やビジネスマナーを叩き込まないと、会社としての見方が問われてしまうなど、いろいろな事情が見受けられるところでしょうね。今の時代は人に接するのに何かと気をつかったり、言葉使いや言動に配慮するなど、気苦労が絶えないでしょうね。

社員研修のなれの果て

大事に大事に育てた社員も、壁にぶち当たればやめてしまう時代ですよね。研修時間に時間を費やし、時間と手間をかけても結果に反映されないむなしさってあると思います。時代を重ねるたびに、人の考え方というか思考が人とのコミュニケーションに壁を作ってるような気がします。善意で接していても、言葉使いが悪い、言動が悪いなどパワハラだなんだと人を非難する傾向が強くないですか?それが年々強くなってるというよりかは、ますます新しいものを作り出しているような気がするんですよね。ゆとり世代が大人となり子を産み受け継がれていく遺伝子って、やっぱりゆとり世代でしかないのですよね。

管理職は、会社の顔でもあり、会社の存続は管理職にかかっていると言っても過言ではありません。その管理職のレベルアップを図る為に、定期的に開催されっるのが管理職研修です