タクシーの運転手を目指そう!資格や勤務形態を知ろう

タクシー運転手に必要な資格とは?

運転が好きで、人と触れ合う仕事がしたい、という方であれば、タクシー運転手を考える人もいるでしょう。しかし、タクシー運転手になるためには、運転免許証以外、何か他に資格が必要なのか疑問に思ってしまいますよね。車を運転するために多くの人が取得するのが、普通自動車第一種免許です。しかし、お客様を乗せてお金を稼ぐためには、普通自動車第二種免許が必要となるのですよ。乗客の命を預かるので、安全に運転できる、プロとしての技術や知識を学ぶ必要があるのです。

タクシー運転手の勤務形態とは?

タクシー運転手はどのような勤務形態になっているのか、知らない人のほうが多いでしょう。多くのタクシー会社が取り入れているのが、隔日勤務です。これは、1回の勤務時間が18時間から21時間であり、朝7時に出勤し、翌朝の4時まで仕事という事もありえるのです。隔日勤務の場合は、2回出勤して1日休むのが一般的なのですよ。勤務時間が長いと思ってしまいますが、休憩は必ず3時間取る事ができます。この隔日勤務以外にも日勤などもあるため、選ぶ事ができます。

タクシー運転手に必要なスキルとは?

タクシー運転手をやってみたくても、自分は合っているのか不安に感じる人もいるでしょう。タクシー運転手に必要なスキルは、やはり運転技術です。乱暴な運転は乗客に不安をあたえ、ふらついていると車酔いさせてしまう事になります。また、道を知っている事も必須のスキルでしょう。もしわからなかった時のために、地図やナビを準備しておく必要があります。そして最後は、接客マナーです。お客様が気持ちよく乗車できるように、気を配ってあげる事が何より大切ですよね。

重要な地位にいる人物を高級車で送迎する役割を持つ役員運転手には、高度な技量が求められます。そのため、基本的に運転経験は最低でも10年以上、2種免許取得が必要です。