商品は大丈夫!?多くの商品を保管している倉庫

倉庫があるべき場所とは

倉庫は荷物を保管する場所として企業では使われています。特に卸売業を営んでいる企業では、メーカーからの多くの商品を保管しておく必要があるため、面積の広い倉庫である必要があります。そのため都心等に設けると地代だけでも高額になるために採算が取れない状態になります。そのため多くは都心から離れた郊外に設けているところが多いです。また郊外ならどこでもいいわけではなく、倉庫の荷物は発送することになるため空港から近い、港から近いといった運輸の便がいい場所にあることが必要です。

大きな倉庫では多くの人が活躍

また倉庫は大きいため、商品の注文を受けてピッキングして梱包するにも時間がかかります。また一方でメーカーから商品を仕入れるときの単価はダンボール単位で仕入れるために人の力で運ぶのではなくフォークリフト等も必要になります。ピッキング作業から梱包までの過程を小売店毎に処理することを考えると、多くの人材が必要になります。多いが故に人件費を抑える必要もあり、いくつものシフトを組んでパート等を活用しています。

倉庫内の環境を一定にする設備

また商品を保管しておく倉庫も環境設備が整っている必要があります。保管している間にカビが発生したり、ダンボールが濡れて破れたりすることもあります。販売する前に商品を毀損することで損失になります。そのため大きな倉庫でありながら、温度や湿度管理もしっかりしています。場所によって、また高さによっても環境の差が発生しないような環境にしています。またピッキング要員についても商品の持ち出しがないように倉庫内に用いれることができるバッグは透明なものであったりと管理がされています。

第三者の立場で荷主の物流業務を請負うサービスの総称が3PLです。このサービスを利用することで、荷主は業務効率化と、自社ブランド向上を実現出来ます。